【画像で解説】Teamsで字幕表示や文字起こしをする方法

Teamsで会議をしていると声が聞き取りにくい、社外で会議に参加しているため音声を出せない、などの場合があります。
そのようなときは、字幕を表示させれば音声が無くても、参加者が何を発言しているのか理解ができます。
そこで今回は、Teamsの字幕機能の使い方や文字起こしの方法について解説します。

Teamsで字幕を表示させる方法

Teamsでの字幕は、「ライブキャプション」という機能で表示できます。
まずは、会議画面の右上にある設定「・・・」をクリックして、「ライブキャプションをオンにする」を選択してください。

この設定だけで、会議画面の下部に発言がリアルタイムで表示されます。しかし、標準では英語の設定になっているので、日本語で話しても英語で表示されてしまいます。(翻訳ではなく、日本語の音に近い英語が表示されるだけです)

日本語表示にするには、キャンプション欄の右上にある「・・・」をクリックします。

「音声の言語を変更する」を選んでください。
音声の言語は日本語以外にも、中国語やイタリア語・オランダ語など34種類あります。日本語を選択すれば、発言が自動で日本語表示されます。

Teansをスマートフォンで使用する場合の字幕表示

Teamsでは、スマートフォンのアプリでも字幕表示が可能です。
スマートフォンアプリでは、画面の下部に表示される「・・・」から「ライブキャプションをオンにする」をタップします。

ライブキャプションをオンにすると、自動で発言が字幕表示されます。

上の画像を見ればわかるように、英語で字幕が表示されています。パソコン版では設定で日本語に変換できましたが、スマートフォン版では言語の設定ができませんので注意しましょう。

Teamsの字幕から文字起こしできる?

せっかく字幕が表示されるなら、このデータを利用して議事録などの文字起こしに使いたいと考える方は多いのではないでしょうか。
しかし、ライブキャプションはあくまで字幕表示なので、会議が終わったら自動的にデータが破棄されます。
そのため、Teamsで文字起こしをするには、「トランスクリプション機能」を使う必要があります。
会議画面の右上「・・・」から、「トランスクリプションを開始する」を選んでください。(*この機能は職場または学校アカウントのみで使用可能です)

出典:Microsoft「Teams 会議でのライブ トランスクリプションの表示」

トランスクリプションも標準では英語表示なので、先ほどと同じように日本語に設定します。設定が完了すると、画面の右側に文字起こしした内容が表示されます。

出典:Microsoft「Teams 会議でのライブ トランスクリプションの表示」

Teamsで字幕を表示させる際の注意点

ここでは、ライブキャプションを利用する際の注意点について解説します。

ライブキャプションは自分の画面のみ

ライブキャプションをオンにしたときに、字幕が表示されるのは自分の画面のみです。他の参加者の画面には字幕が表示されないので、それぞれの参加者が設定をする必要があります。

字幕は記録されない

先ほども説明しましたが、ライブキャプションはあくまで字幕なので、履歴が保存されません。
文字起こしをしてデータを保存したいのであれば、「トランスクリプション」を利用しましょう。

会議が終了するとオフになる

ライブキャプションは会議が終了すると自動でオフになります。次の会議ではオフになっていて字幕は表示されないので、再度ライブキャプションをオンにしましょう。

議事録作成には自動文字起こしサービスがおすすめ

Teamsを使えばトランスクリプションで文字起こしが可能ですが、データの保管や文章の編集などを効率的に行うのであれば、文字起こし専用サービスがおすすめです。
クラウドを利用した文字起こしサービス「SACSCRIBE(サクスクライブ」では、クラウド上で文章の編集・校正からデータ管理など幅広い機能を使用できます。
特に校正機能は、ショートカットキーで再生・巻き戻し・早送り・保存ができるようになっています。AIにより精度よく文字起こしできますが、校正機能を充実させることにより、文字起こし後の編集も効率的です。
初回の1時間分は無料で文字起こしができます。また、有料プランは業界最安水準です。スタンダードプランでは1分につき約9.1円で利用できます。まずは、お気軽に無料体験をお試しください。

まとめ

Teamsでは「ライブキャプション」という機能を利用すると、字幕表示が可能です。標準では英語の設定になっているので、日本語に変更してから利用しましょう。
ライブキャプションは字幕表示するだけで、字幕データを保存はできません。議事録などにデータを利用したいのであれば、トランスクリプション機能で文字起こしが可能です。
より効率よく議事録作成などの作業を進めたいのであれば、自動文字起こしサービスがおすすめです。手間がかかる議事録作成の作業を減らして、スムーズに仕事をしましょう。

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

クラウド文字起こしプラットフォームSACSCRIBEは初回1時間無料でお試しできるAIの文字起こしサービスです。

無料で1時間文字起こしを体験する