スマホで完結〜iPhoneのボイスメモから文字起こしする方法

iPhoneにはデフォルトで「ボイスメモ」アプリがダウンロードされています。

ICレコーダーをわざわざ買わなくても音声を録音してくれる便利なアプリで、直感的に使えるデザインも魅力。感度もそこそこで、録音時間に制限もなく、数時間におよぶ長時間録音も可能です。

しかし、音声データには「後から目的のデータを探すのが面倒」というデメリットがあります。文字起こしをしておくと利便性が良くなります。

この記事では、ボイスメモを使って録音した音源を自動文字起こしプラットフォーム「SACSCRIBE」を使って文字起こしする方法を紹介します。

iPhoneの「ボイスメモ」で音声入力する

まずはiPhoneのデフォルトアプリ「ボイスメモ」を使って音声を録音します。

音声を入力する

「ボイスメモ」を起動します。

赤いボタンをタップし、音声を録音します。録音したデータは「▶︎」をタップすると再生できます。

 

使いやすいようにデータを移動しておく

保存したデータは、このままでは「ボイスメモ」以外で開くことができません。使いやすいようにデータをクラウドへ移動しておきます。

「…」をタップします。

 

  

「ファイルに保存」を選択し、「iCloud Drive」に保存します。

SACSCRIBEで文字起こしをする

クラウド文字起こしプラットフォーム「SACSCRIBE」を使って文字起こしをします。

SACSCRIBEに会員登録していない方は、まず登録お願いします。登録方法は以下のマニュアルをご覧ください。

参考:【SACSCRIBE】会員登録の方法

拡張子を変換する

SACSCRIBEはスマホからでも使えますが、残念ながらボイスメモのデータはそのままでは使えません。

SACSCRIBEは.mp3/.mp4/.wav/.flacの4種類に対応していますが、ボイスメモで録音した音声データの拡張子は.m4aという独自形式になっています。

そのため、そのままSACSCRIBEを使ってボイスメモの音声データを登録しようとすると、ファイルが白っぽく表示され、選択できない状態になります。

 

まずは拡張子を使える形式に変換します。

「Converitio」など、スマホから使える拡張子変換サービスを使ってデータを.mp3に変換します。iCloudにファイルを移していれば、すぐに変換できます。

SACSCRIBEで音声を登録する

 

SACSCRIBEのページを開き、.mp3に拡張子を変換した音声データを登録します。拡張子が.mp3に変換されていれば、問題なく選択できます。

SACSCRIBEで文字起こしする

無事に文字起こしができました。一度登録しておけば、このデータをパソコンから取り出すこともできますし、パソコンであらかじめ登録しておいたデータを後からスマホで取り出すこともできます。

裏技:最初から.mp3/.wavで録音できるボイスレコーダーアプリを使うのもあり

「ボイスメモ」はiPhoneのデフォルトアプリで、MacBookとも連動できて便利ですが、データが.m4aという独自形式で保存されてしまいます。変換が面倒であれば、最初から.mp3や.wavの形式で保存できる別のアプリを使うのもありかもしれません。

「PCM録音」「ボイスレコーダーAwesome Voice Recorder」など、無料で使えて加工も簡単なアプリも多数あるので、検討してみてください。

iPhoneのボイスメモをもっと便利に活用しよう

ボイスメモで作成した.m4aデータを一度.mp3に変換するのが少し面倒ですが、SACSCRIBEに登録しておけば、パソコンからもスマホからも同じデータが見られて便利に活用できます。

ぜひスマホからもSACSCRIBEをご活用ください。

自動文字起こしプラットフォームSACSCRIBE