データ入力の仕事はきつくて稼ぎにくい? バイトに向いているのか紹介

主婦や学生の副業・小遣い稼ぎに人気の仕事の1つに、「データ入力」があります。指定された内容をエクセルに打ち込んだり、請求書・明細書を作成したりするバイトで、特別な資格もいらないため人気が高いです。

必要なスキルはタイピングだけなので、少しパソコンを扱えれば誰でもできるお手軽さも人気の理由です。

しかし、データ入力は簡単そうに見えても、実はきつくて稼ぎにくいことをご存じでしょうか。

本記事ではデータ入力がどのような仕事なのか、副業・バイトとして稼ぐのに向いているのかを解説します。

データ入力の仕事内容

データ入力は一言で説明するなら、提供されたデータをそのままパソコンのソフトに打ち込む作業です。特別なスキルを必要とせず、誰でも簡単に始められることから、主婦の副業や大学生のアルバイトとして広く知られています。

データ入力は委託元の企業によっても内容は変わりますが、主に次の3つを行うことが多いです。

  • データ入力
  • 注文受付
  • 請求書・明細書作成

データ入力

データ入力ではテレビや電話で行われているアンケート、顧客の個人情報などをPCに打ち込んでいきます。

パソコンの基本的な操作さえできれば取り組みやすく、資格がない方でもできる手軽なバイト・副業と言えます。

注文受付

注文受付はお客様からの電話注文の内容の打ち込み、またサイトからの申し込み内容の入力になります。会社によっては電話対応が多くなるため、マニュアルに沿って丁寧な言葉遣いを心掛ける必要もあります。

電話やメールでの応対となるため、人前に出るのが恥ずかしい方でも向いた仕事です。

請求書・明細書

取引先からの請求書や顧客向けの明細書を作成し、収入と支出をパソコンで入力するまでが仕事になります。収入と支出の入力は専用ソフトがない場合、エクセルで行うことが一般的です。

いずれの仕事も作業自体は非常にシンプルなものですが、間違いがあってはならないものばかりです。簡単そうに見えても真剣に取り組む必要があり、決して楽に稼げるというものでないことは理解しておきましょう。

データ入力の仕事は稼げるのか?

結論から言うと、データ入力のバイトは相当頑張らなければ稼げません。データ入力の仕事は給与の形態によって収入が大きく変わり、「データ入力1件2円」というものから、「時給1,000円」のものまで様々です。

データ入力1件あたりが1円2円では、1,000件入力しても1,000~2,000円にしかなりません。時給制であれば収入も安定しますが、データ入力以外の仕事を任されることもあります。

給与がどちらの方式であっても、データ入力自体は同じことの繰り返しで単調な作業になりがちです。単調作業が苦にならない人、黙々と作業できる人にはおすすめできますが、精神的なストレスが大きい点には注意しましょう。

データ入力作業に慣れてくれば、収入も増えてきますが、他のバイトに比べて飛びぬけて稼げるほどにはなりません。

文字起こしは単価アップが狙える

データ入力では入力速度が速くなったとしても、大きな収入アップは目指しにくいです。一方、データ入力と同じようにパソコンを使う副業でも、文字起こしは単価アップが狙いやすいのでおすすめです。

データ入力は1件当たり数円ですが、文字起こしは文字数や時間によって収入が大きく変わります。高額の案件では1文字1円以上、または1分当たり100~200円というものもあります。

文字起こしは慣れてくると作業効率が上がりやすく、人によっては一日に1万円を稼ぐことも可能です。高収入を目指して働くなら、文字起こしの方が長い目で見ればおすすめの仕事と言えるでしょう。

ツールを使用した文字起こしも有効|SACSCRIBE

文字起こしは慣れるまでに時間が掛かり、どれほどタイピングの早い人でも話す速度と同じ速度で文字を打ち込むことはほぼ不可能です。また、音質によっては人の耳では聞き取りにくいこともあるため、不正確な内容になるおそれもあります。

そこで利用したいのがSACSCRIBEによる文字起こしです。SACSCRIBEでは音声ファイルをブラウザ上でアップロードし、すぐに自動で文字起こしが始まります。

文字起こしの内容はパソコンでもスマホ・タブレットでも閲覧でき、音声と一緒に確認もできます。1時間分の文字起こしに2~3日も時間を掛けるより、SACSCRIBEを利用して15分で終わらせるほうが効率的です。

短縮できた時間で別ファイルの文字起こしを進めれば、効率アップを図ることも可能です。文字起こしをバイトや副業にするなら、クラウド型の文字起こしツール「SACSCRIBE」をぜひ試してみてください。

まとめ:データ入力はすき間時間に進めるのがベター

データ入力は作業に要する時間に比べて、収入にはあまり期待できない仕事です。バイトや副業として、ちょっとしたお小遣いを目的とするのはよいですが、本格的に稼ぐとなるとかなりのスキルが必要になります。

同じ時間と作業量で収入を得るなら、文字起こしを行う方が効率よく収入を得ることができるでしょう。また、文字起こしツールを利用すれば効率よく作業を進め、大幅な収入アップも狙えます。

スキルアップと単価アップのどちらも求めるなら、文字起こしの案件を受けてみてください。

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

クラウド文字起こしプラットフォームSACSCRIBEは初回1時間無料でお試しできるAIの文字起こしサービスです。

無料で1時間文字起こしを体験する