Windowsで無料文字起こしをする方法! 誤字・脱字を減らすテクニックも解説

Windowsで文字起こしをするには、Googleドキュメントを使用するのが便利です。
自分で喋っての文字起こしだけでなく、音声ファイルからの文字起こしにも対応しています。
ただし、あくまで無料ソフトなので、多少は誤字・脱字が出ることもあります。
そこで今回は、Googleドキュメントの文字起こしの方法や、文字起こしを高い精度でおこなう方法を解説します。

Windowsで無料で文字起こしをする方法

Googleドキュメントを利用すれば、簡単に文字起こしが可能です。ここでは、Googleドキュメントを利用した文字起こしの方法を解説します。

手順① Webブラウザの「Chrome(クローム)」をダウンロードする

Googleドキュメントを利用するには、Googleが提供するChromeというWebブラウザをダウンロードしましょう。Chromeは下記のページからダウンロード可能です。
Google Chrome – Google の高速で安全なブラウザをダウンロード

手順② ChromeでGoogleドキュメントを開く

Chromeを開いて下記のURLをクリックすると、Googleドキュメントを開けます。Googleドキュメントは、クラウド上で利用可能な文書作成アプリです。
https://www.google.com/intl/ja_jp/docs/about/

Googleドキュメントを開いたら、「空白」をクリックして新しい文書を作成します。

手順③ タブから「音声入力」を選ぶ

Googleドキュメントで新しい文書を開いたら、タブの「ツール」をクリックして「音声入力」を選択します。

手順④ マイクに向かって録音をする

録音状態にしてから、マイクに向かって喋れば自動で文字起こしをしてくれます。また、自分で喋らなくても、音声ファイルをスピーカーから流して、その音声をマイクで拾い文字起こしをすることも可能です。
下記の画像は、ニュースの音声をノートパソコンのスピーカーから流して、内蔵のマイクで文字起こしをしたものです。
アナウンサーの声なので聞き取りやすい環境ですが、ほぼ間違いなしで文字起こしができました。

Windowsでより正確に文字起こしをするテクニック

ここまで説明した方法でもある程度の精度で、文字起こしが可能です。しかし、もっと正確に文字起こしをしたいという方は下記の方法を試してみましょう。

ステレオミキサーで音声を入力する

先ほど説明した方法は、パソコンのスピーカーから音声を流して、マイクで音声を拾って文字起こしをするものでした。
マイクで音を拾うと、周囲の雑音が入ってしまったり、スピーカーの音を上手く拾えなかったりする可能性があります。
もっと正確にするために、ステレオミキサーを使って音声を入力する方法があります。
ステレオミキサーは、Windowsの右下の「サウンド」を右クリック→サウンドで設定できます。

サウンドの設定は、下記のような画面が表示されます。
上部のタブを「録音」にすると、ステレオミキサーへの変更が可能です。下記の画像のように、ステレオミキサーが表示されず、使用できないパソコンもあるので注意しましょう。

文字起こしする音源をクリアに録音する

文字起こしの精度を上げるには、そもそもの音源をクリアな音で録音する必要があります。
雑踏の中で話している音声よりも、ニュース番組のように静かな場所で聞きやすい声で話す方が、文字起こしソフトが音声を認識しやすくなります。
録音する場所を変えたり、高性能なマイクを使うなどして、クリアな音声を録音できるようにしましょう。
また、風などの雑音を入れないために、マイクに風防を付けるのも有効な手段です。

Windowsでもっと簡単に文字起こしをする方法

Googleドキュメントを利用して文字起こしをすれば、一から作業をするよりも格段に時間を短縮可能です。
しかし、文字起こしをした後に、誤字の確認・句読点などの調整が必要になります。一時的な作業で文字起こしをするのであれば、多少時間がかかっても他の仕事への影響は少ないでしょう。
しかし、これが常に文字起こしをおこなうような環境だと、少しでも作業を早く・快適にしたいというのが本音ではないでしょうか。
そのような場合は、有料サービスを利用するのがおすすめです。
クラウド型の文字起こしプラットフォーム「SACSCRIBE(サクスクライブ)」では、文字起こしから編集・校正、音源データ・文書データの管理、ダウンロードまで一元化が可能です。

SACSCRIBEでは、単に文字起こしをするだけでなく、無料文字起こしにはない「句読点」や「えーっと」などの調整もしてくれるので、無料の文字起こしよりも作業時間の短縮が可能です。
単純な作業なのに手間がかかる文字起こし。仕事の負担を少しでも軽くするために、UIも洗練されていて使いやすいSACSCRIBE。無料でも1時間文字起こしが可能です。一度使用感を試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

Windowsで文字起こしをするには、Googleドキュメントを利用する方法があります。
WebブラウザのChromeをダウンロードする必要がありますが、簡単な設定だけで利用できるので初心者の方にもおすすめです。
文字起こしの精度を上げるには、音源をクリアに録音する・ステレオミキサーを使用して音声入力をするなどがあります。
しかし、無料ソフトではどうしても限界がありますので、業務で文字起こしを行う場合や、文字起こしの分量が多い、少しでも作業の手間を減らしたい場合には、SACSCRIBEのような有料の文字起こしサービスの利用も検討しましょう。

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

クラウド文字起こしプラットフォームSACSCRIBEは初回1時間無料でお試しできるAIの文字起こしサービスです。

無料で1時間文字起こしを体験する