書き起こしは大変な仕事? 適性は必要?

書き起こしは音声を黙々と音声を聞き続け、内容を文字にしていく仕事です。

長時間にわたってデスクで作業を続ける単調な作業であるため、人によっては苦痛に感じることもあります。

逆に単調作業を苦にしない人にとっては、天職ともいえるでしょう。

そこで今回は書き起こし(文字起こし)の仕事はどのような仕事か、適正は必要なのかを詳しく解説します。

文字起こしは聞き続ける作業

文字起こしは音声・動画ファイルの会話や発表内容を聴き、内容を文字に起こしていく作業です。

音声を意味のない部分も含めて、すべて書き起こす「素起こし」、余計な部分を取り除く「ケバ取り」、内容をわかりやすくまとめる「整文」の3種類があります。

文字起こしでは自分の興味のあるなしに関わらず、ファイルの内容を文字に起こさなければなりません。

ひたすらデスクで音声を聴き、それを文字に起こしていく単調な作業です。

中には専門的な用語、理解が難しい話、全く関心のない話題もありますが、それらも正確に文字起こしします。

内容を理解できないところは何度もリピートしながら書き起こし、集中して作業することから疲労とストレスもたまります。

また、仕事として取り組む場合は一日に決まった作業量があるわけではなく、毎日音声を聴き続けて文字に起こす作業を繰り返さなければなりません。

単調作業が得意であること、忍耐力も重要になる仕事です。

文字起こしには適性が必要?

文字起こしには単調作業が苦にならないことが適正に必要です。

しかし、単調作業が苦ではないとはいえ、仕事として毎日繰り返すのはストレスにもなります。

忍耐力の強さも重要ですが、他にも大事なことがあります。

  • ストレスを上手くコントロールできる
  • 興味を持って聞き続けられる
  • 書き起こす作業自体が好き

この3つの要素がある人には、文字起こしの適性があると言えます。

これまで解説してきた通り、文字起こしは単調なデスクワークです。

精神的にもストレスが大きいので、上手くストレスを発散させ、メンタルコントロールできる人の方が向いています。

特に単調作業だからこそ、メンタルが不安定だとちょっとしたミスが増えていきます。

仕事と休息のバランスを上手くとれる人は、適性が高いです。

次に会話の内容に対して、興味を持ち続けられることも大事です。

音楽家や漫画家、プロフェッショナルと呼ばれる人は、根底に音楽や絵を好きな気持ちがあります。

好奇心と興味を持って内容を聞き続けられれば、仕事への適性が高いと言えるでしょう。

きっかけは様々ですが、初めは副業として文字起こしを始めても、書き起こしの仕事が好きで本業にする方もいます。

知らないことへの興味を持ち続け、自分で調べられる人、書き起こす作業が好きな人は適性があります。

書き起こしは単調な作業だからこそ、仕事と自分の適性に折り合いをつけられることが大事です。

業者に依頼すると納期はどのくらいになる?

書き起こしの専門業者は日本各地に存在し、専門分野のテープでも書き起こしを行ってくれます。

インタビューや講演会の内容を文字に起こす場合、60分程度の内容は3日前後で納品できます。

専門性の高い医療、英語や各種言語の日本語訳の場合、1週間程度は必要です。

業者に依頼した場合、書き起こして終了ではなく、その後に校正も行うため時間が掛かります。

また、専門家に依頼するには相応の費用も必要です。

詳しい納期や費用は業者のホームページで確認できるので、依頼を検討している方は参考にしてみてください。

自動文字起こしツールを選ぶならSACSCRIBE

「文字起こしを自分で行うのは大変」「業者に依頼すると金額が高い」などのお悩みを持つ方には、自動文字起こしツールのSACSCRIBEがおすすめです。

SACSCRIBEはブラウザ上で利用できる文字起こしツールとして、幅広いファイル形式の文字起こしに対応しています。

インストール不要なので、ログインすればすぐに文字起こしを利用できる手軽さも便利です。

SACSCRIBEでは音声ファイルまたは動画ファイルを選択し、クラウド上にアップロード、文字起こしを依頼すれば60分の内容を10~20分ほどで文字起こしできます。

文字起こし後はメールで通知が届くので、他の作業を行っていても忘れる心配がありません。

音声を聴きながら校正も可能ですから、素起こしだけでなくケバ取りや整文もできます。

音声認識能力も高く、長時間の音声を文字起こしするのに適したツールです。

まとめ:短時間の書き起こしから始めてみよう

書き起こしの作業は単調で、ストレスも溜まりやすい大変な作業です。

どれだけ早くタイピングができるようになっても、話す速度に追いつくことはほぼ不可能なので、時間もかかります。

まずは自分が書き起こしに向いているか判断するために、10分や20分といった短時間の内容から始めてみましょう。

慣れていくことで、書き起こしの仕事に魅力を感じ始めることもあります。

自分の気付かなかった適性に気付くチャンスですから、色々な作業に挑戦してみてください。

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

クラウド文字起こしプラットフォームSACSCRIBEは初回1時間無料でお試しできるAIの文字起こしサービスです。

無料で1時間文字起こしを体験する