勉強や会議におすすめ! 文字起こしソフトの有効な活用方法!

今や誰もがパソコンやスマホを持つ時代となり、いつでも好きな時に動画や音楽を聴けるようになりました。

勉強や仕事のスタイルも変化し、パソコンやタブレット端末を通して行うのが一般的になりつつあります。

しかし、ノートや議事録は学習のために後で文字に起こしたり、データにしたりすることも多いです。

そこで今回は、文字起こしを仕事や勉強で活用する方法について、シーンによって紹介します。

効率的な業務と学習のために、文字起こしツールを利用してみてください。

文字起こしをソフトで行うメリット

文字起こしをソフトで行うメリットには次のものがあります。

  • 業務と学習の効率化
  • やるべき仕事・勉強に力を入れられる
  • 要点が文章化されてわかりやすくなる
  • 日本語以外も文章化できる

それぞれ具体的に見ていきましょう。

業務と学習の効率化

文字起こしソフトを導入する大きなメリットは、業務や学習を効率化できる点です。

音声を文字として手作業で書き起こすと、非常に手間の掛かる作業になります。

時間の掛かる作業の無駄をなくし、効率的に文章化するには文字起こしソフトが最適です。

パソコンやスマホ、タブレットはほとんどの人が持っていますから、いつでも文字起こしできる点もメリットと言えるでしょう。

やるべき仕事・勉強に力を入れられる

文字起こしをソフトに任せられるということは、その分別の仕事や学習に時間を割り当てられます。

手作業では10分の音声でも、文字にすると1時間程度は掛かってしまいます。

手作業で必要だった時間がそのまま別の作業に利用でき、やるべき仕事や学習効率が改善するでしょう。

要点が文章化されてわかりやすくなる

音声を自分の耳で聴いていると、聴いた内容を文章化することに意識が向かいがちで、話の要点がわかりにくくなります。

文字起こしをソフトで行えば、起こされた内容を熟読することで要点を把握でき、話の理解速度向上にも繋がります。

また、仕事であれば会議で話題になったタスクも明確になるため、情報共有とタスクの見落とし対策にもなるでしょう。

日本語以外も文章化できる

文字起こしソフトは多言語対応のものも多く、特に英語の文字起こしは多くのソフトで可能です。

多国籍な企業の会議、学生であれば英語の授業でも活用できることから使い道は様々です。

文字起こしソフトを選ぶ際は、用途も考慮して多言語対応のものを選んだ方がよいでしょう。

仕事や勉強で活用する方法

文字起こしソフトを仕事、勉強で活用する方法についても見ていきます。

  • 会議や授業をリアルタイムで文字起こしする
  • 動画ファイルや音声ファイルをテキスト化する

会議や授業をリアルタイムで文字起こしする

会議や授業中にリアルタイム文字起こしができるソフトを起動すれば、後で内容を確認できます。

会議や授業でノートを書いていると、話の内容が頭に入ってこない経験をしたことがある方も多いはずです。

リアルタイム文字起こしが可能なソフトがあれば、会議や授業の内容を記録することにより、内容を理解することに集中できます。

また、ソフトによっては話者を特定して表示することもできるので、誰がどのような内容を話したのかも見返すことができます。

後で文字起こしの内容を確認すれば、会話内容の復習にもなり、業務・学習の効率も大幅にアップするでしょう。

動画ファイルや音声ファイルをテキスト化する

リアルタイムの文字起こしはまだ発展途上ですが、動画ファイルや音声ファイルの文字起こしはAIの進歩により、高い音声認識精度を誇ります。

オンライン会議の録画、授業内容をレコーダーで録音し、文字起こしソフトで文章化してみてください。

上手く文字起こしができれば、必死にノートやメモを取る必要がなくなり、話の内容に集中することができます。

また、授業の板書を録画または写真で撮影しておけば、授業を追体験することもでます。

おすすめの文字起こしソフト

勉強で利用するなら、音声認識精度の甘いリアルタイム文字起こしより、音声・動画ファイルを文字起こしできるソフトを選びましょう。

おすすめするのは、クラウド型の文字起こしツールである「SACSCRIBE」です。

SACSCRIBEは音声認識精度が高いうえ、1時間の動画ファイルならを20分前後で、音声ファイルなら10~15分程度文字起こしできるスピードも特徴です。

学校の授業は1時間前後のことが多いですから、1つの授業につき10~20分程度で文字起こしできます。

1日の授業のまとめや苦手教科を文字として振り返りたいときに、SACSCRIBEを利用するのがおすすめです。

まとめ

従来、文字起こしソフトは会議や講演会で使うのが一般的でしたが、スマホやタブレットの発達で勉強への利用もできるようになりました。

音声をテキスト化する技術を駆使して、無駄のない学習と仕事を進められるようになるはずです。

まずは簡単なシーンから文字起こしソフトを利用し、慣れてきたら色々な学習・仕事でも活用してみてください。

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

クラウド文字起こしプラットフォームSACSCRIBEは初回1時間無料でお試しできるAIの文字起こしサービスです。

無料で1時間文字起こしを体験する