目安は音声データの5倍!? 文字起こしに必要な時間とは

文字起こしをしたけど思ったよりも時間がかかり、他の仕事が進まなかった経験をした方は多いのではないでしょうか。
文字起こしに時間がかかるのには理由があり、コツを掴んで改善すれば、短時間で作業を終えることもできます。
そこで今回は、文字起こしに必要な時間の目安や文字起こしを効率化するコツなどについて解説します。

文字起こしに必要な時間の目安

ここでは、文字起こしに必要な時間や文字数の目安などについて解説します。

1時間分の音声データの文字数は?

文字起こしは音声データを元に文章を作成しますが、1時間の音声の場合、およそ15,000文字~20,000文字になります。
この文字数は一般的な原稿用紙38枚分、ワードの文書にすると約12枚分です。
会話の形式(インタビューや講演会)や話者の喋るスピードなどにより変わりますが、1時間分の音声データだけでもかなりの文字数となることが分かります。

1時間の音声データの文字起こしに必要な時間の目安

1時間の音声データの文字起こしに必要な時間の目安は、4~5時間とされています。
つまり、音声データの4~5倍の時間がかかるということです。
重要な会議や講演会などは1時間で終わらないことも多く、1日を通して会議を行う機会もあります。
一日の労働時間である8時間の会議を行ったとしたら、文字起こしに必要な時間の目安は32時間~40時間です。

文字起こしはなぜ時間がかかる?

文字起こしに必要な時間の目安は、想像よりも多いという方が多いのではないでしょうか。ここでは、なぜ文字起こしに多くの時間が必要なのか解説します。

専門用語が頻出する

自分が得意な分野の文字起こしであれば、調べごとが少なくスラスラと作業が進みますが、知らない分野で専門的な単語が出てくると都度手を止めて言葉の意味を調べなくてはなりません。
多くの専門分野の文字起こしを受注すると、専門用語に慣れるまでにかなりの時間が必要です。継続して依頼をもらえるのであれば、単語を覚えて作業スピードを上げていくことができます。
しかし、単発の依頼であれば、専門用語を覚える労力と必要な時間が見合わないと感じることも多いです。
作業スピードを求めるのであれば、継続的な依頼を増やしていくといいでしょう。

タイピングに慣れていない

文字起こしを始めたばかりの人はタイピングに慣れていないため、文字の入力自体に時間がかかってしまいます。
タイピングに自信が無い人は変な癖がつく前に、キーボードの基本的な入力方法を覚えましょう。早くタイピングするためのコツは、以下のようなものがあります。

・ブラインドタッチを覚える
・ホームポジションに指をセットする
・それぞれのキーを決められた指で打つ
・毎日少しずつ練習をする

ブラインドタッチで素早く入力できれば、文字起こしの際のストレスも軽減できるので、少しずつタイピングに慣れていきましょう。

音声の録音状態が悪い

音声の録音状態は、文字起こしのスピードや精度に大きく関係します。
話している声が聞き取りにくいと何度もリピートして確認する必要があり、最終的に聞き取れなくて依頼者に確認をする手間も出てきます。
音声をクリアに録音するには、ICレコーダーやスマートフォン用の外部マイクを利用する、会議室など雑音が入りにくい場所で録音するなどの方法があります。

文字起こしを効率化する方法

最後に、効率的に文字起こしをする方法を紹介します。

文字起こしアプリを利用する

自分で入力するのであれば、録音データを聞きながら行うので、どうしても時間がかかってしまいます。
文字起こしアプリを利用すれば、AIが音声を認識して自動で文字起こしするので、ほとんど時間がかからずに作業が完了します。
クラウド型の文字起こしサービス「SACSCRIBE(サクスクライブ)」は、音声データをアップロードするだけで簡単に文字起こしが可能です。
1時間の音声ファイルを文字起こしする場合、およそ20~30分で完了します。文字起こし中は他の仕事に取り組めるので、効率的に時間を使えるでしょう。
さらに、音声データや文字起こしをしたテキストデータの保存や管理もクラウド上で行えます。
初回は1時間分を無料で使用できるので、お気軽に試してみてください。

話者のリストや用語集をもらう

会議などで参加者が多い場合、名前が聞き取れずに時間がかかってしまうことがあるので、事前に参加者や話者のリストをもらうとスムーズに作業が進みます。
また、同じように専門用語のリストなどがあれば、用意をしてもらうと事前に知識を蓄えられます。登場回数が多い単語だけでも、事前に把握しておけばかなりの時間を短縮可能です。

自分に合ったキーボードやヘッドホンを使用する

キーボードには静電容量式やメカニカル式、テンキーが無いもの、打鍵のストロークが深いものなど多くの種類があります。
入力がしにくいキーボードを使用していると、ストレスが溜まり効率が悪くなります。いろいろなキーボードを試して、自分に合ったものを選びましょう。
また、パソコンやモニターに付属しているスピーカーは音質が良くないことが多いため、イヤホンやヘッドホンを使用すると音声が聞き取りやすくなります。
音声が聞き取りやすくなればリピート再生をする回数が少なくなり、作業にかかる時間を減らせます。
このように、文字起こしをしやすい機材を整えることも、効率を上げるには重要です。

まとめ

文字起こしにかかる時間の目安は、音声データの4~5倍です。1時間の音声データを文字起こしするのであれば、4~5時間が必要となります。
ただし、タイピングが遅い・専門用語に詳しくないなど、文字起こしに慣れていないと、もっと時間がかかります。
文字起こしのスピードを上げるには、文字起こしアプリを利用して自動化させるのが一番です。その他にも、専門用語集をもらったり、自分に合った機材を使用したりするなどのコツがあります。
今回の記事を参考に自分に合ったやり方を見つけて、効率的に文字起こしを行ってください。

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

クラウド文字起こしプラットフォームSACSCRIBEは初回1時間無料でお試しできるAIの文字起こしサービスです。

無料で1時間文字起こしを体験する