【MAC】無料で文字起こしをする方法!文字起こしの注意点も解説

会議やセミナーで議事録を作るのが手間になっていないでしょうか。

しっかりした議事録を作成しようとメモに集中していたら、肝心の内容が頭に入っていなかったということも。

そんなときは、スマートフォンやボイスレコーダーなどで録音をしておいて、後から文字起こしをするのがおすすめです。

そこで今回は、MACを使って文字起こしをする方法と、文字起こしの際の注意点を解説します。

MacのPagesを使用した文字起こし方法

Macを使った文字起こしの方法はいくつかありますが、まずはMacに標準搭載されているPagesを使った文字起こしの方法を解説します。

Pagesを使った文字起こしの方法

PagesはMacに標準搭載されている文書作成アプリです。PagesはWindowsのワードなどと違い、無料で利用できます。

Pagesで音声入力をするには、画面上部の「編集」メニューで、「編集」→「音声入力」を選びます。

音声入力を選ぶと画面にマイクが表示されるので、自分で喋って入力するか、スピーカーから音源を流して入力をします。

Pagesでより正確に文字起こしをするには

上記のマイクを使った方法だと、環境によっては音声を正確に認識できずに誤字・脱字が発生する可能性が高まります。

そこで有効な方法が「Soundflower」です。

Soundflowerはマイクやスピーカーを経由しないで、音声の出力・入力をパソコン内で完結させられます。

そのため、周囲環境や雑音に影響されることなく、クリアな音声で入力可能です。

Soundflowerは、こちらのページからダウンロードできます。

Soundflowerをダウンロード後は、「システム環境設定」→「サウンド」→「出力タブ」で、出力する装置をSoundflowerに設定します。

次に「入力タブ」で入力する装置もSoundflowerにしたら設定完了です。

 MacでGoogleドキュメントを使い文字起こしする方法

Googleが提供しているGoogleドキュメントでも文字起こしが可能です。ここではGoogleドキュメントでの文字起こしの方法を解説します。

Googleドキュメントを使った文字起こしの方法

Googleドキュメントを利用するには、まずGoogleが提供するWebブラウザの「Chrome(クローム)」をダウンロードする必要があります。MacユーザーはWebブラウザに「safari」を利用している方が多いと思いますが、safariでは上手く作動しない可能性があります。

Chromeは、こちらのページからダウンロード可能です。

ダウンロードが完了したら、ChromeでGoogleドキュメントを開きます。

Googleドキュメントを開いたら、、「空白」をクリックして新しい文書を作成します。

新しい文書を開いたら、タブの「ツール」をクリックして「音声入力」を選択してください。

表示されたマイクをクリックすれば、録音開始になります。この状態でマイクに向かって喋るか、スピーカーから音源を流せば文字起こしされます。

先ほど解説したPagesと同じように、マイクとスピーカー経由での文字起こしは雑音が入るなどして、誤字・脱字が起こる可能性があります。

より正確に文字起こしをしたいのであれば、Soundflowerをインストールして、Macのパソコン内で音声の出力と入力が完結するように設定しましょう。

Macで文字起こしをする際の注意点

PagesやGoogleドキュメントを利用して文字起こしをすると、専用ソフトでは無いため手直しが必要になることがあります。ここでは、文字起こしをする際の注意点について解説します。

句読点は入力されない

PagesやGoogleドキュメントで文字起こしをした場合、文字が羅列されるだけで句読点は入力されません。そのため、自動で文字起こしをした後に、手作業で句読点を入力する必要があります。

下記の画像は、Googleドキュメントを使い文字起こしした文章です。内容はほぼ正確に文字起こしされていますが、句読点はありません。長い文章を文字起こしする場合、自分で句読点を入力するだけでも時間がかかってしまうので注意しましょう。

少しでも手間を省くには文字起こし専用ソフトがおすすめ

PagesやGoogleドキュメントは、非常に優秀で使い勝手がいいアプリケーションです。しかし、文字起こし専用ソフトでは無いため、少し手間がかかってしまう場面もあります。

多くの量の文字起こしをしなくてはいけないのであれば、少しでも作業時間を短縮して他の仕事に影響が出ないように、文字起こし専用ソフトを使うのがおすすめです。

クラウド文字起こしプラットフォームの「SACSCRIBE(サクスクライブ)」は、音源からの文字起こし・編集、校正・音声と文書データの管理まで、文字起こしの一連の作業を完結できます。

文字起こし専用のサービスなので、作業の手間を少なくするポイントが詰め込まれています。

・1時間の音源を10~20分程度で文字起こしが完了する

・句読点も自動入力可能

上記の機能だけでも、かなりの作業時間が短縮できます。1時間分の文字起こしなら、無料で利用可能です。忙しさに追われて、文字起こしの時間が取れないという方はぜひ使用してみてはいかがでしょうか。

 

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

クラウド文字起こしプラットフォームSACSCRIBEは初回1時間無料でお試しできるAIの文字起こしサービスです。

無料で1時間文字起こしを体験する