【初心者必見】読まれるインタビュー記事の書き方

実際に対面して話を聞くインタビュー記事は、他の形式の記事には無い説得力があります。
しかし、ライターの書き方により大きく完成度が変わるため、難易度が高い記事の一つです。
そこで今回は、誰でも高品質なインタビュー記事を執筆できるように、記事作成の流れや注意点などについて解説します。

インタビュー記事を作成する目的は?

Webサイトに掲載される記事にはインタビュー記事の他にも、ニュース記事や解説記事・対談記事など多くの種類があります。ここでは、多くの種類があるなかで、インタビュー記事が持つ役割について解説します。

商品やサービスの販促のため

商品やサービスの開発責任者やユーザーに話を聞くことにより、購入を検討している方に対して商品への理解を深めてもらうことができます。
その結果、購入の後押しになり販売促進の効果を期待できます。
特にユーザーへのインタビューは、実際に使っている方の声として高い信ぴょう性があります。
信ぴょう性が高い言葉は購入を検討している人の心に響きやすく、成約のための強い味方になるでしょう。

採用活動のための社員紹介

社員にインタビューをすることにより普段の働き方や職場の雰囲気が分かるため、採用活動への応募者を増やすことができます。
また、入社後のミスマッチを減らす・企業の考えを理解してもらう助けになる効果もあります。

ブランディングのため

商品やサービスのスペックは取扱説明書に記載がありますが、開発した背景や開発者の想い・苦労は取扱説明書では伝えられないものです。
そこで開発担当者にインタビューをして、機能的な説明では伝えきれない情報を記事にすれば、ユーザーにさらなる魅力を感じてもらえます。

インタビュー記事の書き方は3パターン

インタビュー記事は大きく分けて3パターンあり、掲載先のテイストやインタビューの内容により使い分けます。

Q&A形式

インタビュー記事の基本となる形が「Q&A形式」です。
Q&A形式はインタビュアーが質問して、インタビュイー(インタビュー相手)が答えるというシンプルな構造です。
質問したら答えるというシンプルな構造のため、文章の内容を理解しやすくなります。多少難しい専門的な話題でも、すんなりと頭に入ってくる記事を作成することが可能です。
ただし、文章量が多くなってしまう傾向にあるので、全体のボリュームに注意しながら執筆する必要があります。


Q:お休みの日は何をされていますか?
A:公園に散歩に行ったり、映画を見にいったりします。
Q:どのような映画がお好きですか?
A:いろいろなジャンルの映画を見ますが、特に歴史ものが好きですね。

モノローグ(一人称)形式

モノローグ形式とは、インタビュイーが一人で語っているように記事をまとめる方法です。
モノローグ記事は余計な文章が入らないので、内容をダイレクトに伝えることができます。
また、インタビュアーの存在は伏せた文章になるので、コラムのような印象を出すことも可能です。
ただし、語尾が単調になる・インタビュー時の雰囲気が伝わりにくい、などの難しさもあるため、ライターの能力に左右される形式です。


仕事が休みの日は、公園に行ったり映画を見に行ったりしています。映画はいろいろなジャンルを見ますが、特に歴史ものが好きなんですよ。

ルポ(三人称)形式

ルポ形式は、第三者の視点からインタビュイーについて語る方法です。
第三者の視点なので、事実を客観的に伝えられるメリットがあります。
また、論理立てて流れを作れるので、すっきりとした読みやすい文章の作成が可能です。
ただし、インタビュイー自身の発言が減る・固めの文章になるなどのデメリットもあります。


彼は休みの日に、公園や映画館に行きゆったりとした時間を過ごしている。特に好きな映画のジャンルは歴史もの。しかし、ジャンルにとらわれず多くの映画を見ているようだ。

インタビュー記事の書き方の流れ

ここでは、実際にインタビュー記事の書き方の流れについて解説します。

文字起こしをする

まずは、インタビュー時に録音したデータを文字起こしします。
文字起こしをしないで記事を作成する人もいますが、文字起こしをした方が全体の内容を把握しやすくなります。

記事のテーマを設定する

文字起こしが完了したら、記事を書き始める前にテーマを設定します。
テーマを設定しないとゴールを決めずに登山をするようなものなので、記事の内容に一貫性が無くなり読み応えが無くなってしまいます。
文字起こししたテキストに目を通して、どの切り口から何をメインに伝えるのか考えましょう。

中見出しを決める

中見出しは記事の骨格となるものです。最初に決めたテーマから外れないように、インタビューのどの部分を記事とするのかを決めていきましょう。

執筆をする

ここまでに決めたテーマと中見出しに沿って執筆をします。
中見出しを作成する際に、箇条書きで何を書くかメモをしておくと執筆がスムーズです。

推敲・校正

執筆が完了したら、以下の項目を確認しながら推敲・校正を行います。

・理解しにくい箇所は無いか
・差別的など炎上する要素が無いか
・誤字、脱字、文法の誤りが無いか

記事を作成したばかりだと、客観的にチェックができないものです。
しばらく時間を空ける・翌日にチェックする、など頭がスッキリした状態で推敲・校正をすると効率があがります。

インタビュイーのチェック

インタビュー記事をWebサイト等にアップロードする前に、必ずインタビュイーのチェックが必要です。
チェックの結果、修正の依頼が入ったらインタビュイーの意向に沿うように書き直しましょう。

インタビュー記事の書き方3つのポイント

インタビュー記事を上手に執筆する3つのポイントについて解説をします。

記載する情報を選別する

インタビューで聞いた内容をすべて記事にしたくなりますが、それではまとまりのない記事になってしまいます。
読者に伝わりやすく理解してもらいやすい文章にするには、どの情報を盛り込み、どれを除外するかを考えましょう。

流れを意識する

インタビュー記事をどのような展開にするのかは、ライターの腕の見せ所です。
基本的な流れは「起承転結」です。
起承転結は誰もが知っている文章の流れなので、読者にとって理解しやすく説得力が生まれます。
また、Web上の文章ではPREP法と呼ばれる、結論→理由→具体例→結論という構成も多く使われます。
Web上の文章はいかに記事に興味を持ってもらい、離脱率を高めるかが大切です。PREP法は最初に結論を持ってきて読者の興味を引き、次に理由と具体例を付け加えることにより説得力を出します。
このような流れを意識すると、「いつの間にか最後まで読んでいた」というストーリ性がある文章を書けるでしょう。

事前に文字起こしをする

インタビュー記事を作成する際は、必ず事前に文字起こしをしましょう。
文字起こしをすることによりインタビュー内容を再確認できるため、構成を考える助けにもなります。
文字起こしをするには、インタビューの録音を最初から聞く必要があるので時間がかかる作業です。
なるべく、記事のテーマや構成を考えることに時間を使いたいので、効率化するために自動文字起こしアプリを利用しましょう。
クラウド上で利用できる「SACSCRIBE(サクスクライブ)」は、音声をアップロードするだけで自動文字起こしが可能です。
アプリ上で編集・校正やデータ管理までできるので、文字起こしにかかる時間を大幅に削減できます。
初回は1時間分の文字起こしを無料で体験できるので、まずはお気軽に試してみてください。

インタビュー記事の書き方5つの注意点

インタビュー記事を作成する際にやってはいけないことなど、注意点について解説します。

話し言葉で記事を作成しない

インタビューは会話なので当然話し言葉を使います。しかし、インタビュー記事では、話し言葉ではなく書き言葉にしましょう。
ただし、まったく話し言葉を使ってはいけないわけではありません。
話し言葉はインタビュイーの人柄を伝えやすいので、ところどころで盛り込んでも問題ありません。
話し言葉が多いと稚拙な文章だと思われてしまうので、バランスが大切です。

話し手の人柄が分かるようにする

インタビュイーの人柄が分かるようにすると、親しみがもてる文章になります。
読者に人柄を伝えるには、趣味の話や仕事上のモットーなど、インタビュイーの考えが分かるような内容を盛り込むことが大切です。

誰が話しているのかを明確にする

記事の冒頭でインタビュイーの企業情報や名前など、誰が話しているのかを明確にしましょう。
インタビュイーの情報が明確になると読者が頭の中で、話している状況をイメージしやすくなるため、記事に没頭することができます。

記載する内容の取捨選択をする

インタビューの録音を聞いているとすべてが必要な内容に思えて、会話の全部を載せたくなります。
しかし、すべて載せると内容が散漫になり、最初に決めたテーマからブレてしまいます。
記事に一本の筋が通っていないと読み応えも無くなるので、テーマに沿って必要な内容を見極め取捨選択することが重要です。

読みやすいように並び替え・補足をする

記載する内容を取捨選択したら、そのまま記事にするのではなく並び替えと補足説明を入れます。
話が飛んだ部分を並び替え、説明が少ない部分に補足を入れると読みやすい記事になります。
ただし、インタビュイーの発言の意味が変わらないように、細心の注意が必要です。

まとめ

インタビュー記事には、商品の販促や採用活動・ブランディングなど多くの役割があります。
インタビュー記事はライターの質問の仕方や記事の切り口により、文章の方向性や完成度が変化するものです。
インタビュー記事の執筆に慣れていない方は、まずは全体の流れを理解したうえで、インタビュイーの魅力が十分に伝わるように書いていきましょう。
ライターの手腕が試される分野ですが、デスクに向かって執筆するだけでなく、相手先を訪問してお話しできる楽しい仕事です。
スキルを身に付ければ多くの人に読まれる記事を作り上げることができるので、積極的にチャレンジしていきましょう。

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

AI文字起こしサービス「SACSCRIBE」は今なら初回1時間無料でお試しできます。

無料で1時間文字起こしを体験する