インタビュー記事の書き方の基本!初心者向けに解説

インタビュー記事の書き方は、通常の記事を作成するよりも多くの選択肢があります。
インタビュー記事に慣れていない方は、どのように作成したらいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、インタビュー記事を作成する際の基本や注意点などを、初心者にも分かりやすく解説します。

インタビュー記事の3つの形式

インタビュー記事には3つの形式があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、記事の内容や掲載メディアにより使い分けましょう。

会話形式

インタビュアーとインタビュイーが交互に話す形式の記事です。

Q:お休みの日は何をされていますか?
A:公園に散歩に行ったり、映画を見にいったりします。
Q:どのような映画がお好きですか?
A:いろいろなジャンルの映画を見ますが、特に歴史ものが好きですね。

会話形式に記事をまとめると、情報がまとまっているので、読者は必要な情報を読み取りやすくなります。
ただし、文章量が多くなってしまう傾向にあるので、記載する情報を選ぶことが大切です。

一人称形式

インタビュイーが一人で話しているようにまとめる形式です。インタビュアーの存在は伏せた文章になるので、コラムのような印象になります。


仕事が休みの日は、公園に行ったり映画を見に行ったりしています。映画はいろいろなジャンルを見ますが、特に歴史ものが好きなんですよ。

一人称形式はインタビュイーの人柄が伝わりやすく、親しみが持てる文章になります。
ただし、対象者の話し方をそのまま文章にすると、文章がくだけ過ぎてしまう可能性があるので注意しましょう。

三人称形式

インタビュー内容を第三者の立場から語った形式のまとめ方です。


彼は休みの日に、公園や映画館に行きゆったりとした時間を過ごしている。特に好きな映画のジャンルは歴史もの。しかし、ジャンルにとらわれず多くの映画を見ているようだ。

三人称形式は論理立てて流れを作成できるので、すっきりとした読みやすい文章になります。
ただし、堅苦しい文章やインタビュイーの人柄が伝わらないことがあるので、注意が必要です。

インタビュー記事の書き方、3つのポイント

インタビュー記事を上手に執筆する3つのポイントについて解説をします。

記載する情報を選別する

インタビューで話した内容をすべて記事にしたくなりますが、それではまとまりのない記事になってしまいます。
読者に伝わりやすく理解してもらいやすい文章にするには、どの情報を盛り込み、または除外するかを考えましょう。
情報を選別するには、最初に構成を作り、中見出しを決めておくことが役に立ちます。
文章を作成する前に構成を作ると、記事の内容が大まかに決まるので、どの情報を記載するべきなのか判断しやすくなります。

流れを意識する

インタビュー記事をどのような展開にするのかは、ライターの腕の見せ所です。
基本的な流れは「起承転結」です。
起承転結は誰もが知っている文章の流れなので、読者にとって理解しやすく説得力が生まれます。
また、Web上の文章ではPREP法と呼ばれる、結論→理由→具体例→結論という構成も多く使われます。
Web上の文章はいかに記事に興味を持ってもらい、離脱率を高めるかが大切です。PREP法は最初に結論を持ってきて読者の興味を引き、次に理由と具体例を付け加えることにより説得力を出します。
このような流れを意識すると、「いつの間にか最後まで読んでいた」というストーリ性がある文章を書けるでしょう。

事前に文字起こしをする

インタビュー記事を作成する際は、必ず事前に文字起こしをしましょう。
文字起こしをすることにより、インタビュー内容を再確認でき、構成を考える助けにもなります。
文字起こしは、あくまで文章を作成する前の段階のため、丁寧になり過ぎる必要はありません。
「えーと」や「あのー」などのケバ取りをして、挨拶など記事に関係のない内容は文字起こしをしなくても問題ありません。

文字起こしをするには、インタビューの録音を最初から聞く必要があるので、時間がかかる作業です。
仕事が忙しく時間が取れないという方は、自動文字起こしサービスを利用しましょう。
クラウド上で利用できる「SACSCRIBE(サクスクライブ)」は、音声をアップロードするだけで自動文字起こしが可能です。
クラウド上で編集・構成やデータ管理までできるので、文字起こしにかかる時間を大幅に削減できます。
1時間分の文字起こしを無料で体験できるので、まずは試してみてください。

インタビュー記事の書き方の注意点

インタビュー記事を作成する際にやってはいけないことなど、注意点について解説します。

話し言葉で記事を作成しない

インタビューは会話なので当然話し言葉を使います。しかし、インタビュー記事では、話し言葉ではなく書き言葉にしましょう。
ただし、まったく話し言葉を使ってはいけないわけではありません。
話し言葉はインタビュイーの人柄を伝えやすいので、ところどころで盛り込んでも問題ありません。
ただし、話し言葉が多いと稚拙な文章だと思われてしまうので、バランスに注意しましょう。

話し手の人柄が分かるようにする

インタビュイーの人柄が分かるようにすると、親しみがもてる文章になります。
読者に人柄を伝えるには、趣味の話や仕事上のモットーなど、インタビュイーの考えが分かるような内容を記載しましょう。
インタビュー内容とは直接関係のない話題だったとしても、全体的な記事の面白さが増します。

誰が話しているのかを明確にする

記事の冒頭でインタビュイーの企業情報や名前など、誰が話しているのかを明確にしましょう。
インタビュイーの情報が明確になると、読者の頭の中で話している状況をイメージしやすくなり、記事に集中することができます。

まとめ

インタビュー記事は、構成や情報の選別などにより、読者が受け取る印象が大きく変わります。ライターの力の差や個性が出る記事だと言えるでしょう。
特にインタビュイーの人柄が出るように執筆することが大切です。
他にも、文章の流れを意識しつつ、話し言葉で書かないなどの注意点を守りながら記事を作成しましょう。

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

クラウド文字起こしプラットフォームSACSCRIBEは初回1時間無料でお試しできるAIの文字起こしサービスです。

無料で1時間文字起こしを体験する