会議を録音する4つの手段を紹介〜ボイレコ・スマホアプリ・PCマイク・WEB会議

会議の録音といえば、ボイスレコーダーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、わざわざボイスレコーダーを買うまでもないシーンや、WEB会議などボイスレコーダーが使えないシーンも近年多くなっています。

そんな場合にも便利な録音手段や、録音のコツ、録音した後の活用についても紹介します。

会議を録音する4つの手段

録音に使える手段は、ボイスレコーダーだけではありません。スマホアプリ、PCマイク、WEB会議も合わせた4つの録音手段と機器の選び方について紹介します。

手段1 ボイスレコーダー

会議を録音するなら、選択肢の筆頭にあがるのがボイスレコーダーです。

ボイスレコーダーは形、集音方法、音の指向性、記録方法、充電方法など、用途に応じたさまざまなタイプが市販されています。会議を録音するなら、ステレオ録音・無指向性のタイプがおすすめです。

 

ステレオ録音

ボイスレコーダーには音を平坦に集音するモノラル録音と、音を立体的に集音するステレオ録音があります。複数人の会議においては、音がどちらから来ているのかわかり、話者の判別がしやすいステレオ録音を選ぶと便利です。

 

無指向性

ボイスレコーダーにはすべての方向からの音を集音する無指向性と、カラオケのマイクのように一方向からの音声を集中的に集音する指向性のものがあります。会議においては無指向性を選ぶといいでしょう。

 

形や大きさ、バッテリー駆動時間、記録媒体などについては、会議の参加人数や所要時間に応じて適したものが異なります。必要なものを選んでください。

手段2 スマートフォンの録音アプリ

ボイスレコーダーを買うほどではないが音声記録を残したい場面や、忘備録程度の簡単な記録を残したい場面で活躍するのがスマートフォンの録音アプリです。iPhoneにデフォルトで「ボイスレコーダー」アプリが入っているほか、無料・有料の録音アプリもあり、Apple Watchと連動できるようなものもあります。

ただスマートフォンの録音アプリは便利な反面、途中で電話がかかってきて録音が中断されてしまった、突然アプリが落ちてしまった等、トラブルも起こりやすいです。重要な会議では避けた方がいいでしょう。

手段3 PCマイク

Mac Bookには「ボイスメモ」、Windows 10には「ボイスレコーダー」というアプリがデフォルトで入っており、パソコン備え付けのマイクや、外部取りつけ型のPCマイクで音声を記録できます。PCマイクを使えば会議の音声もきれいに録音できます。

PCマイクにはスタンドタイプやクリップタイプなどいくつか種類がありますが、会議用の集音マイクとして使うなら円盤型タイプが便利です。接続にはUSB端子を使うタイプのほか、Bluetoothに対応したものもあります。

手段4 Web会議システムのレコーディング機能

Web会議で使える方法です。ZOOMやSkypeなどオンライン会議システムにはレコーディング機能が備わっており、特別な機器をそろえなくてもボタンひとつで会議の記録が残せます。

普通の会議をICレコーダーで録音するのとは異なり、マイクから遠くて声が聞こえにくい、発言者がわからない等のトラブルが起こりにくく、扱いやすいデータを残しやすいです。

関連記事:【zoom】web会議を録音して文字起こしする方法

会議の録音のコツ

ここからは会議の録音をスムーズに残し、後からトラブルを起こさないための3つのコツを紹介します。

コツ1 使用前に必ず録音許可をとる

会議に限らず、会話を録音する場合は必ず録音許可を取るのがマナーです。ささいな場面や、逆に録音が暗黙の了解になっているようなシーンでも、録音許可を取るか、録音している旨のアナウンスをしておきましょう。

「議事録を作るために使います」のように、用途も伝えると丁寧です。

コツ2 ボイスレコーダーの位置

ボイスレコーダーは基本的に、全員の声がうまく入るよう中心に置きます。縦長の会場など、どうしても声が遠くなる人が出そうなら、2つ以上のボイスレコーダー使用も検討してみてください。

コツ3 ボイスレコーダーの置き方

ボイスレコーダーは必ず話者の近く、障害物でさえぎられない位置に置きます。ポケットの中やカバンの中に入れたり、椅子の上に置くのはなるべく避けましょう。音がこもり、録音精度が下がります。

ボイスレコーダーの下には、ハンカチなど布を1枚置いておくといいでしょう。ボイスレコーダーが乗っている机に物を置いたときの音や振動を緩和してくれます。

コツ4 メモや写真を併用する

議事録を作るなど、会議の録音データを記録として活用する場合は、録音に加えてメモの併用をおすすめします。録音したものを後から聞き返してみると、どうしてもマイクから遠い位置にいる人の声が小さくなってしまったり、細かい金額や日付などが聞き取りにくいことがあります。

スライドやホワイトボードを使っている場合は、写真や動画も残しておきましょう。ホワイトボードを指差しながら「この件が〜」などと話している時に、音声だけでは言っていることがわからなくなってしまいます。

会議を録音した後の活用法

録音したデータは、議事録などに使う予定がなくても、文字起こししておくと便利です。音声データは音源を実際に聞いてみないとどんな音声が入っているかわからず、後から聞き返したい時に目的の音声を探すとき大変です。文字起こししておけば探しやすくなります。

「SACSCRIBE」は多くのボイスレコーダーの保存形式に使われている保存形式、mp3/mp4/wav/flacに対応した自動文字起こしプラットフォームサービスです。音声を登録してしばらく待つだけで、自動で音声を文字に変換してくれます。ぜひ音声データ活用にお役立てください。

システム改修に伴い、現在mp4形式のデータアップロードに対応しておりません。(対応形式:mp3, wav, ogg)SACSCRIBEをご利用の際には、下記の記事を参考に音声ファイルへ変換の上ご利用下さい。

会議を録音して蓄積・共有、ビジネスに活用する

今まで当たり前だった対面の会議に加え、新型コロナウイルスの流行や働き方改革の流れを受けてWEB会議も多くなってきています。その場の音声を録音するボイスレコーダーに加え、録音アプリやWEB会議システムのレコーディング機能も活用して、会議を録音、内容の蓄積・共有に活用してください。