使いこなして効率アップ! Googleドキュメントを使用した文字起こしのやり方

文字起こしを手作業で行うより楽な、Googleドキュメントを利用した簡単なやり方をご存じでしょうか。

音声や動画から文字起こしを行うツールは多いですが、Googleドキュメントはより広い用途で利用できます。

画像やPDFからも文字起こしが可能で、使いこなせば万能のツールとなるのがGoogleドキュメントです。

今回はGoogleドキュメントの活用方法を中心に、効率的に作業を行う方法を紹介します。

Googleドキュメントとは

GoogleドキュメントはIT企業のGoogleが提供するオフィスソフトで、ブラウザ上で誰でも利用できる優秀なツールです。

GoogleドキュメントはマイクロソフトOfficeに近い使用感で、編集内容をその都度自動保存でき、複数人で内容を共有することもできます。

Googleスプレッドシートは社内のタスク管理、マニュアルの共有にも利用されています。

ビジネスでは多くの企業が利用しており、誰もが無料で簡単に利用できるビジネスツールです。

Googleドキュメントでの文字起こしのやり方

Googleドキュメントで文字起こしをする場合、どのようなやり方をすればよいのか解説します。

Googleドキュメントでは次の方法で文字起こしができます。

  • マイクを利用して文字に起こす
  • 音声・動画ファイルを文字に起こす
  • 画像・PDFを文字に起こす

マイクを利用して文字に起こす

マイクを利用してGoogleドキュメントの文字起こしする方法を紹介します。

パソコンとスマートフォンの方法がありますから、それぞれ確認しましょう。

まず、パソコンでの手順は次の通りです。

  1. Googleドキュメントを開く
  2. ツールバーにある「ツール」を選択
  3. 「音声入力」の項目をクリック
  4. マイクのマークを文字起こし開始のタイミングでクリック
  5. 文字起こしを終了するときは再度マークをクリック

次にスマートフォンの場合を見ていきます。

スマートフォンの場合は、あらかじめGoogleドキュメントのアプリをインストールしておきましょう。

  1. アプリを開き、画面の「+」マークで新規作成
  2. キーボードの下部にマイクボタンが出る
  3. 文字起こしを開始するときはマイクボタンを押す
  4. 終了するときは再度マイクボタンを押す

音声入力は非常に簡単な方法ですから、実際に試してみてください。

音声・動画ファイルを文字に起こす

次に音声・動画ファイルを文字起こす方法を紹介します。

紹介する方法はWindow11での方法です。

  1. パソコンの「設定」で「サウンド」を選択
  2. 「発話または録音用のデバイスを選択」でデバイスを追加する
  3. デバイスが正常に動作しているか「テストの開始」で確認
  4. 音声・動画を再生し、Googleドキュメントの音声入力を開始する

上記の手順で行えますから、ぜひ試してみてください。

音声入力が上手く働かない場合は、ブラウザのURL欄の右にあるカメラのマークをクリックしてみましょう。

マイクを「サウンドミキサー」に変更すると、上手く音声入力できます。

画像・PDFを文字に起こす

最後に画像・PDFを文字に起こす方法です。

  1. Googleドライブの新規作成をクリック
  2. 「ファイルのアップロード」をクリック
  3. 文字起こしする画像・PDFをGoogleドライブにアップロード
  4. アップロードした画像・PDFを右クリック
  5. 「アプリで開く」→「Googleドキュメント」をクリック
  6. Googleドキュメントに画像と文字起こしが表記される

画像内の文字がドキュメントにも書き起こされて出てくるので、写真や画像を手打ちするのが大変なときに便利です。

また、手書きでも認識するほど高機能ですから、黒板やホワイトボードに板書された内容も文字起こしできます。

より正確に文字起こしするならSACSCRIBEがおすすめ

Googleドキュメントを利用して文字起こしするのも簡単ですが、正確性にはやや難があります。

そこでおすすめなのが文字起こしの専用のツールである「SACSCRIBE」です。

SACSCRIBEはWebブラウザで利用できる文字起こしツールで、音声・動画ファイルの文字起こしに特化しています。

文字起こしに特化していくため、文字起こしの音声認識精度が高く、作業完了までが早い特徴があります。

Googleドキュメントの文字起こしでは、話す速度によって一部の音声が認識できませんが、SACSCRIBEは正確に認識可能です。

Webブラウザ型のメリットとして、アカウントを共有して利用できる点もあります。

社内で情報共有したい場合や複数人で同時に利用したい場合にも、SACSCRIBEなら要望に応えることができます。

まとめ:Googleドキュメントは汎用性の高いツール

今回はGoogleドキュメントを文字起こしに活用する方法として、色々な利用方法を紹介しました。

会社の情報共有ツールとして利用されることも多いGoogleドキュメントですが、使い方の幅が広い優秀なツールの一つです。

AIによる音声認識精度も年々向上していますから、ちょっとした文字起こしに利用するなら便利です。

本格的に文字起こしを行うなら、専用のツールを使うのもよいでしょう。

用途や目的に応じて、使いやすいものを選択してください。

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

クラウド文字起こしプラットフォームSACSCRIBEは初回1時間無料でお試しできるAIの文字起こしサービスです。

無料で1時間文字起こしを体験する