AI文字起こしサービス4選

議事録作りがしたい、インタビュー原稿を作りたいなど、さまざまなシーンで活用できる文字起こしAIサービス。しかし種類がありすぎて迷ってしまうことはありませんか?

今回は個人利用向け、企業向けなど、用途に応じて使い分けたいAI文字起こしサービスを4つ紹介します。

SPEECH TO TEXT

SPEECH TO TEXTはビジネス書や雑誌コラムのライターとして活躍する山崎将志氏が、「自分が使いたい文字起こしAI」をコンセプトに作った文字起こしAIサービスです。

インタビューなどの音源データを記事として使うために「精度はそこまで高くなくていいので、その場で素早く文字起こししたい」という目的で作られました。そのため、個人利用に適したサービスになっています。英語、フランス語などの外国語音源に対応しているのも大きな特徴です。

入力データは7日間で自動消去されます。

参考リンク:SPEECH TO TEXT

SPEECH TO TEXTの料金

1分まではテスト版で使用可能

音声時間10分まで100円、10分を超える部分は追加1分につき10円(税込)

(ライター追記:1時間の音声の場合だと、600円)

SPEECH TO TEXTで使用可能な音声ファイルのエンコード

wav/mp3/aac/m4a/flac/ogg

音声ファイルサイズ上限は50MB

SPEECH TO TEXTの+αの機能

日本語だけでなく、英語(アメリカ、イギリス)、フランス語、ドイツ語などに対応

翻訳ではなく、書き起こしのみ対応

 

AI文字起こし

AI文字起こしも個人利用に向いた文字起こしAIサービスです。トップページに音源をアップロードするだけでいいシンプル設計で使いやすい設計です。英語、中国語など外国語に強いのも特徴です。

入力データは音声・文字データともに31日間で自動消去されます。

参考リンク:AI文字起こし

AI文字起こしの料金

冒頭60秒間 無料

音源1分あたり30円(税別) 最低利用料金100円から

(ライター追記:1時間の音声の場合だと、1800円)

AI文字起こしで使用可能な音声ファイルのエンコード

音声時間120分以内

ファイルサイズ200MB以内

拡張子 wav/mp3/m4a/ogg(mp4は動画も対応)

AI文字起こしの+αの機能

日本語/英語/中国語/スペイン語/フランス語/韓国語/イタリア語/ドイツ語/ロシア語に対応(いずれか1つの言語のみ。混成音声は対応していません)

 

Rimo Voice

「はたらくを未来に」を理念に、リモートワークや副業での働き方など、あたらしいパラダイムを積極的に取り入れている会社が成長しやすい仕組み作りをしているRimo合同会社が提供しているサービスです。

企業向けのサービスで、スポット利用のほか定額制のコースもあります。日本語の読み取りに特化した独自の音声認識APIを使っているのも特徴です。

参考リンク:Rimo Voice

Rimo Voiceの料金

スポット利用
音声: 20円/30秒(無料のトライアル60分あり)
動画: 30円/30秒
(ライター追記:1時間の音声の場合だと、初回無料、2回目以降2400円)

定額制
10万円
40時間まで
期間は、3ヵ月/1年からお選び頂けます(自動更新)
(ライター追記:1時間あたりだと2500円)

Rimo Voiceで使用可能な音声ファイルのエンコード

m4a/mp3/wav/mp4/mov/aac

Rimo Voiceの+αの機能

テキストと音声がシンクするスライダー機能(検索機能)、人手による修正のオプションサービス、専門用語の登録、IPアドレスの制限など

 

SACSCRIBE

SACSCRIBEも企業利用に特化した文字起こしサービスです。入力したデータは長期保存可能で、タイトルから、本文からなど、様々な検索条件で抽出検索できます。大量の音声データを扱うハードユーザーに特化したサービスといえるでしょう。

インストラクチャーに「AWS」を採用し、「データベースの暗号化」「AWS Managed Rules」を適用することで、高いセキュリティを実現しています。

参考リンク:SACSCRIBE

SACSCRIBEの料金

ベーシックプラン
1分35円(税抜)
1時間の無料お試し利用枠有り
(ライター追記:1時間の音声の場合だと、初回無料、2回目以降2100円)

定額プラン
月額19800円(税抜)
毎月10時間分使い放題、超過すると1分35円(税抜)
(ライター追記:1時間あたりだと、1980円)

SACSCRIBEで使用可能な音声ファイルのエンコード

mp3/mp4/wav/flac

SACSCRIBEの+αの機能

文字データの管理・検索や文字データのダウンロードができます。

会社・組織の利用に適したデザイン・システム

音源・文字データの長期保存可能(自動で消去されません。手動消去可能です)

 

用途に応じたAI文字起こしサービスの選択を

AI文字起こしサービスには、個人利用向けと企業向けがあります。

文字起こしAPIが選べたり、外国語音源に対応していたりとそれぞれに個性があるので、用途に応じて選ぶといいでしょう。

 

SACSCRIBEなら最初の1時間が無料でお試しできます。AI文字起こしサービスを一度体験してみたいという方は、ぜひお試しください。

クラウド文字起こしプラットフォーム【SACSCRIBE】