iPhoneで録音撮影した.m4aや.movファイルの.mp3への変換方法

スマートフォンにデフォルトで入っている動画撮影機能や、ボイスレコーダーを普段からお使いの方も多いのではないでしょうか。

しかし、iPhoneで動画や音声を保存すると、自動的に.m4aや.movという形式で保存されます。.m4aや.movはアップル製品特有の独自形式のため汎用性が低く、音源や動画を加工したいときに利用できない場合があります。

この記事では拡張子が.m4aや.movの音源・動画を、汎用性の高い.mp3に変換する方法を紹介します。

拡張子について

拡張子とは、ファイル名の後ろにある「.jpg」「.pdf」のような表記です。拡張子は保存形式をあらわしており、.jpgなら画像ファイル、.pdfならPDFファイルをあらわします。

.m4aと.movとは?

.m4aと.movは、ともにiPhoneやiPad、MacbookなどApple製品独自の保存形式です。

  • .m4a:音楽データ(ボイスレコーダーや音楽など)
  • .mov:動画データ

いずれも高音質または高画質で、容量が小さいのが特徴です。

しかし、.m4aや.movは基本的にApple製品専用のファイル形式で、他社製品では聴けなかったり、動画・音声加工ソフトでも対応していない場合があります。

クラウド文字起こしプラットフォームサービス「SACSCRIBE」でも対応していません。

.mp3とは?

音楽・動画両方に対応した汎用性の高い保存形式です。データサイズを小さく圧縮できるため、長時間の音声に強く、他の形式に比べて加工も楽になります。

SACSCRIBEに利用する場合も、文字起こしにかかる時間の短縮が期待できます。

.m4aと.movを.mp3に変換する方法

拡張子はファイル名のように、単に消去して書き換えることはできません。保存形式を変える必要があるため、変換ツールを使って拡張子を変換してください。

拡張子を変換できるサイトを紹介します。無料、会員登録なし、オンラインで利用できるタイプのサービスが便利です。

Online Video Converter
さまざまな音声や動画の拡張子を変換できるサイトです。拡張子だけでなく解像度も一緒に変換できるので、音声・動画の容量が大きい場合に便利です。

Converitio
パソコンのみならず、スマートフォンからも扱いやすいサイトです。こちらもさまざまな拡張子に対応しています。

どちらのサイトも、

  1. 音声データまたは動画を読み込ませる
  2. 変換後の形式(.mp3)を選択する
  3. 変換できたらダウンロードする

この3ステップで使えて、とても便利です。

拡張子を変換して、自動文字起こしプラットフォームサービス「SACSCRIBE」をご利用ください

SACSCRIBEでは、ICレコーダーで入力した音声のデータに多いmp3やwavの形式にも対応しています。これらの形式に変換していただいて、SACSCRIBEの自動文字起こしをお試しいただけると幸いです。