テープ起こしは在宅副業で人気!仕事内容とおすすめのツールを紹介!

音声のテープ起こしが在宅副業になることをご存じでしょうか。

テープ起こしは会議やインタビュー、シンポジウムの会話内容を文字に起こす仕事です。

PCとスマホ、そしてインターネットが使える環境にあれば、誰でも始められる副業として人気があります。

ここまで聞くと、テープ起こしとは具体的にどのような仕事内容で、どのくらいの報酬があるのか気になる方も多いはずです。

今回はテープ起こしの副業について、仕事内容だけでなく、仕事で便利なツールについても紹介します。

テープ起こしはどんな仕事なのか

テープ起こしの仕事内容、得られる報酬を見ていきます。

仕事は大きく3つ

インタビューや会議、動画などの会話内容を文字に起こすテープ起こしですが、単に会話内容を文字に起こすだけとは限りません。

テープ起こしの仕事には大きく次の3つがあります。

  • 素起こし
  • ケバ取り
  • 整文

素起こし

素起こしは会話の内容をそのまま文字起こす方法です。

誰が話した内容か区別しつつ、発言や言い間違い、「えー」「あー」と言った部分もそのまま文字に起こします。

発言内容の正確性が求められる法廷資料、公的資料として利用する場合に行われる仕事です。

ケバ取り

会話中の「えー」「あー」といった余分な言葉を取り除き、話者の話し方や語尾などはそのまま文字に起こす方法です。

インタビュー記事で話者の伝えたいことをダイレクトに伝え、会話の雰囲気を大事にしたい場合に行われます。

整文

整文は会話の内容を文章として読みやすく整え、語尾も統一、正しい言葉遣いに修正する方法です。

議事録作成などで発言内容の要点を押さえた書き方、記事として体裁を整える際に使われます。

テープ起こしではこの3つの方法を使い分け、適切な形でクライアントに納品する必要があります。

クライアントによっては形式が決まっているため、要求された形式で納めてください。

報酬は1分毎に発生する

文字起こしはクライアントから渡される音声ファイルによって、報酬も変わってきます。

報酬を決める要素は次の4つです。

  • 音源の長さ
  • 納品する形式
  • 納期までの残り時間
  • 専門性

音源の長さ

テープ起こしでは、音声ファイル1分につき100円が相場とされています。

つまり、60分の音声ファイルをテープ起こしした場合、60分×100円で6,000円となります。

初心者の場合、10分の音声を文字に起こすまでには60分程度必要と言われますから、時給でみると1,000円ほどです。

長時間の音声ファイルを短時間で文字に起こせば、その分報酬は上がっていきます。

納品する形式

報酬は素起こし、ケバ取り、整文の順で高くなります。

素起こしは技術もいらず、そのまま文字にするだけですから最も報酬は低いです。

ケバ取り、整文では余計な言葉は取り除き、文章の体裁も整えるといった作業もはいることから、報酬はその分高くなります。

整文は会話の要点を抽出する知識と技術も必要なことから、高い報酬を目指すならおすすめです。

納品までの残り時間

クライアントの事情によっては特急で依頼し、翌日までに納品を求めることがあります。

この場合、他の仕事よりも優先して行う必要があることから、その分報酬も高く設定できます。

クライアント側としても報酬が高ければ副業として行っている人にも損はなく、断られる可能性が低いと予測しているからです。

専門性

テープ起こしはシンポジウムや講演会など、特定の資格や専門性がないと理解できない内容もあります。

この場合、専門性に応じて報酬は高くなることから、得意分野がある方は指定しておくと効率よく稼げるでしょう。

テープ起こしにおすすめのツール

テープ起こしをする方におすすめのツールを2つ紹介します。

  • テープ起こしプレーヤー
  • SACSCRIBE

再生速度やピッチを変えられる文字起こし支援ツール|テープ起こしプレーヤー

株式会社アスカ21から提供されている文字起こし支援ツールです。

無料でダウンロードできるソフトですが、MP3やWAV、AVIなど幅広い音源に対応しており、機能性も高い優秀なツールです。

文字起こし支援に特化しており、再生中に一時停止を押し、もう一度再生すると3秒前のポイントから巻き戻して再生してくれます。

再生スピードやピッチも変更できるので、聴き取りにくい部分を調整しながら作業できます。

会話内容を直接文字に起こすことは出来ませんが、素起こしやケバ取りの作業では活躍するツールです。

クラウドにアップロードするとすぐに素起こしができる|SACSCRIBE

音声・動画ファイルをアップロードすると、クラウド上で素起こしをしてくれるブラウザ型文字起こしツールです。

アカウントを作成し、マイページから音源をアップロードすれば1時間の音声ファイルも10~20分で文字起こしを完了します。

無料枠を超えると1分で35円が必要ですが、素起こし作業を効率化できます。

ケバ取りや整文をする場合にも、ブラウザ上でそのまま校正作業を進められるので便利です。

文字起こしの内容はCSVファイルとしてダウンロードもできますから、クライアントの希望するファイル形式に応じた対応ができます。

まとめ:文字起こしは専門知識なしでも始められる副業

テープ起こしは専門知識に自信がなく、副業未経験の方にもおすすめの仕事です。

パソコン・スマホ、インターネットの環境さえあれば、すぐに開始できます。

報酬は他の副業に比べて高いわけではないですが、マイペースに続けられるのが魅力です。

今回紹介したツールも使いながら、テープ起こしの在宅副業を始めてみてはいかがでしょうか。

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

クラウド文字起こしプラットフォームSACSCRIBEは初回1時間無料でお試しできるAIの文字起こしサービスです。

無料で1時間文字起こしを体験する