無料文字起こしアプリの選び方!有料版との違いは?

業務の手間を減らすために文字起こしアプリを無料で導入したい、という方は多いのではないでしょうか。
しかし、文字起こしアプリは有料のものから無料のものまで数多くあるので、どれを選んだらいいか迷ってしまいます。
そこで今回は、無料文字起こしアプリの選び方や、有料版との違いなどを解説します。

無料の文字起こしアプリはどう使う?

まずは、文字起こしアプリの使い方や機能などについて解説します。

文字起こしアプリの使い方

文字起こしアプリはスマートフォンやPCにインストールして、音声を自動で文字起こしできるサービスです。
会話をリアルタイムで認識して文字起こしするタイプや、録音済みのデータから文字起こしをするタイプもあります。
スマートフォンやPCに内蔵されているマイクで音声認識ができますが、外付けマイクを利用すると、より精度高く文字起こしが可能です。

文字起こしにかかる時間

人の手で文字起こしをすると、一般的に10分の音声で1時間前後かかるとされています。タイピングが遅いなど文字起こしに慣れていないと、さらに時間がかかるでしょう。
文字起こしアプリを使えば、アプリのより多少の差はありますが、1時間の音声であっても数分で完了します。
音声を流しながら文字起こしするタイプのアプリは、音声の長さと同じだけ時間がかかりますが、文字起こしをしている間は他の作業ができます。

文字起こしアプリが活躍する場所

文字起こしアプリは、以下のようなシーンで活躍します。

・仕事や買い物の際のメモ代わり

・会議やセミナーの議事録やToDoリスト作成

・インタビュー記事作成

・大学などの講義ノート

このように文字起こしアプリは、ビジネスからプライベートまで幅広い活用方法があります。

無料の文字起こしアプリのメリット

続いては、文字起こしアプリを利用するメリットについて解説します。

仕事の効率化ができる

議事録は会議が終了後、スピーディーに配布すると記憶が定着して効果が高まります。
しかし、通常の業務もある中では、議事録の作成は時間がかかってしまうものです。
そのようなときに、文字起こしアプリを利用すれば大幅に時間を短縮できます。
通常、議事録の作成は、以下のような手順で進んでいきます。

  1. 文字起こし
  2. 校正・編集
  3. 最終確認
  4. 配布

この中で一番時間がかかるのは、文字起こしの作業です。文字起こしアプリを使用すれば、普段の業務が滞ることなく議事録を作成できるでしょう。

データの共有をしやすい

文字起こしのデータはテキスト形式で保存されます。そのため、誰でも閲覧や編集が可能です。クラウド上にアップしたり、メールに添付したりすれば、簡単に共有できます。
また、テキストデータを編集して会議に参加していない人への説明資料にする、テキストを元にToDoリストを作成する、などにも活用できます。

無料の文字起こしアプリはどう選ぶ?

ここでは、数多くある文字起こしアプリの中から、どのように自分に合ったサービスを選べばいいのか解説します。

クラウド上で文字起こしができるタイプ

クラウド上で文字起こしができるアプリは、基本的にPCで使用するタイプです。クラウドにアクセスできる人なら、誰でも使用可能でデータの共有も簡単です。
会話をリアルタイムで文字起こしするアプリもありますが、基本的には音声データを読み込むタイプが多くなっています。
メモ帳代わりなど手軽に利用するというよりも、ビジネス上で議事録など文書を作成する用途に向いています。

スマホ専用のアプリ

スマートフォンの文字起こしアプリは、長い文書を作成するというよりも、日常のメモやインタビューなど持ち運んでの録音が必要な場合に向いています。
スマートフォンの文字起こしアプリにも、アプリ上で文章を編集できる機能が付いていますが、スマートフォンの小さな画面では長文の編集は難しいです。
短い文章を作成するか、リアルタイムで文字起こしをした後にPCに移して編集する目的で使用するといいでしょう。

業務用で使う場合は有料の文字起こしアプリも便利

無料の文字起こしアプリは気軽に導入できますが、利用時間が制限されている、文字起こしの精度が低い、など使い勝手に不満が出てくることがあります。
月に数回程度の利用であれば不便さも我慢できますが、仕事で毎週使用するなど利用頻度が高い場合は有料の文字起こしアプリも検討しましょう。

クラウド文字起こしプラットフォームの「SACSCRIBE(サクスクライブ)」では、定期的にアップデートを行うことにより精度を向上させています。また、無料文字起こしアプリが苦手とする句読点も自動で入力が可能です。

また、ユーザーをグループ化して同グループに所属するユーザーの文字起こしデータの閲覧や、文字起こしデータをすぐに探せるようにタグ付けできるなど、豊富な機能が用意されています。
無料文字起こしアプリに不便を感じている方は、ぜひ一度SACSCRIBEを試してみてください。初回は1時間分の文字起こしを無料で利用可能です。

まとめ

無料文字起こしアプリは、スマートフォンやPCなどを利用して、会話や音声データから自動で文字起こしが可能です。
議事録の作成やインタビュー、買い物のメモなど幅広い場面で活用できます。
文字起こしアプリには、業務用向けのクラウド上で使用するものと、日常で手軽に使用できるスマートフォン用のものがあります。文字起こしを利用するシーンにより、使い分けるといいでしょう。
無料の文字起こしアプリは、使用時間や文字起こしの精度などで不便を感じることがあります。その場合は、有料の文字起こしアプリがおすすめです。特にビジネスで頻繁に使用する場合は、日々の作業が快適でスムーズになるで、ぜひ導入を検討してみてください。

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

クラウド文字起こしプラットフォームSACSCRIBEは初回1時間無料でお試しできるAIの文字起こしサービスです。

無料で1時間文字起こしを体験する