文字起こしはクラウドソーシングがお得! 外注の費用相場を紹介!

会議資料やインタビュー内容を、自分で文字起こしするには時間が掛かります。

文字起こしを外注で依頼することも多く、現在は専門業者だけでなく、クラウドソーシングの方法も選べるようになりました。

今回は文字起こしの費用相場を紹介して、文字起こしの費用の見積もり方、外注するならクラウドソーシングがおすすめである理由も解説します。

費用の見積もり方

文字起こしの費用を見積もるには、色々な方法があります。

どのように費用を見積もればよいか紹介します。

  • 仕上げ方法の違いで見積もり
  • 時間での見積もり
  • 文字数で見積もり

仕上げ方法の違いで見積もり

文字起こしの方法には素起こし・ケバ取り・整文の3種類があります。

素起こしの場合、音声をそのまま文字にするので、納期にもよりますが文字単価1円、1分あたり〇円としていることも多いです。

工程が多くなるケバ取りでは、素起こしの1~2割程度料金が高くなります。

整文になれば口調の統一、話し手の明記など形式も統一されることから、ケバ取りから1~2割増しの料金が一般的です。

さらに、整文の中でも特別な資料となる法廷資料、公的資料であれば料金は倍以上になります。

どのレベルの文章が必要か検討し、賢く費用を抑えてください。

時間での見積もり

次に費用の見積もりで多いのが、録音時間によって費用を換算するケースです。

録音時間で見積もりをする場合、専門業者では1分あたり200~300円としていることが多いです。

10分の録音内容であれば、2,000~3,000円の計算になります。

録音時間の長いものほど高額になりやすいため、60分なら12,000~18,000円です。

仕上げ方法をケバ取りや整文にすれば、さらに高額になることもあるので依頼する際は費用をチェックしましょう。

文字数で見積もり

文字数で見積もりをする場合には、1文字1円としているケースが多いです。

60分の録音内容では、通常の早さで会話をしても15,000字程度になります。

そのため、時間で計算する方法と大きな差はありません。

話す速度が早い人の場合には、時間で計算するよりも高額になることもあるので注意が必要です。

話者の少ないインタビュー、ゆっくりと話す方の講演会、間が長い会議など文字数が少ない場合には文字数で換算するのがおすすめです。

時間と文字数、どちらで見積もっているかは業者によっても違いがありますから、録音内容に応じて業者を選びましょう。

費用を抑えるならクラウドソーシングがおすすめ

文字起こしの業者では、1分あたり200~300円と高額なうえ、専門性次第でより高額になる可能性もあります。

そこでおすすめしたいのが、クラウドソーシングでの依頼です。

クラウドソーシングでは個人事業主に文字起こしを依頼でき、費用も大幅に安くできます。

クラウドソーシングでの公募や個別での依頼なら、1分あたり100円程度が相場です。

また、文字起こしのクライアントを募集しているケースもあり、1分あたり50円で提供していることもあります。

当然、ケバ取りや整文になれば単価は上がりますが、専門業者に比べればリーズナブルです。

クラウドソーシングをおすすめする理由には、個別性・専門性の高さもあります。

専門業者の場合は必ずしも専門分野の見識を持っているとは限らず、思った通りの仕上がりにならないリスクがあります。

一方のクラウドソーシングでは、個人の経歴・職歴、専門性をチェックできることから、期待した成果を得られる可能性が高いです。

費用を抑えつつ、専門性を重視したいならクラウドソーシングの利用をおすすめします。

ツールで文字起こしをするなら|SACSCRIBE

業者やクラウドソーシングに依頼せず、ツールで文字起こしを行うならSACSCRIBEがおすすめです。

SACSCRIBEはオンラインにファイルをアップロードするだけで、すぐに文字起こしができる便利なツールです。

ブラウザ型のツールですから、PCを利用できればいつでも文字起こしを依頼できます。

1時間の音声ファイルであっても、わずか15分程度で文字起こしできる早さも特徴です。

校正用の項目もあるため、音声を確認しながらケバ取り、整文の作業もできます。

SACSCRIBEはクラウド上にデータを保存できるため、文字起こしのファイルをPC内に保管しておく必要もありません。

アカウントを作成すればすぐに始められますから、業者やクラウドソーシングに依頼するよりも早く納品できるでしょう。

まとめ:依頼先はクオリティとコストのバランスで選ぶべき

文字起こしは自分でもできる作業ですが、より高いクオリティを求めるなら専門業者やクラウドソーシングに依頼すべきです。

納品物の形式を統一するなら専門業者、費用と専門性で選ぶならクラウドソーシングがおすすめです。

ただし、専門業者もクラウドソーシングも納品には日数が掛かります。

短期間で納品したいなら、SACSCRIBEのような文字起こしツールの利用も検討しましょう。

クオリティ・コストの両面から最適な方法を選択してください。

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

クラウド文字起こしプラットフォームSACSCRIBEは初回1時間無料でお試しできるAIの文字起こしサービスです。

無料で1時間文字起こしを体験する