テープ起こしを初めてする時に注意すべき4つのポイントとは?

テープ起こし・文字起こしを副業に考え、これから取り組もうとする人もいるはずです。テープ起こしは未経験でも仕事を受注しやすく、自分のペースでできるため、副業に最適な仕事の一つです。

しかし、未経験から出来るとはいえ、初心者では文字起こしの思わぬ部分に引っかかり、上手くいかないこともあります。今回は初心者のうちに注意したいポイントについて、詳しく紹介します。

初心者が注意すべき4つのポイント

初心者が文字起こしをする際、注意すべき4つのポイントについて、失敗しやすい例とともに紹介します。

  • 予想以上に時間が掛かる
  • 言葉が聞き取れない
  • ケバ取りや整文が上手くいかない
  • 表記にゆらぎが生じる

想像以上に時間がかかる

文字起こしは録音した音声を聞き取り、その内容をテキストとして起こしていく作業です。一見シンプルですぐに出来そうに思えますが、実は慣れていないと非常に手間が掛かります。

最初のうちは10分程度の音声でも2~3時間かかるのが普通で、1時間の音声になれば1日かけても終わらないこともあります。実は耳で聴きながら文字を打つというテープ起こしの作業は、慣れていないと難しいものです。

予想以上の時間がかかってしまうことで、納期までに間に合わない初心者もいます。まずは10分~20分の短めの文字起こしから始めて、自分の能力を把握してから仕事を進めていきましょう。

言葉が聞き取れない

話し方や録音の環境、機器などの条件によっては、音声が聞き取りにくいこともあります。専門的な言葉であれば余計に聞き取りにくく、初心者のうちは何を言っているのかわからないことも珍しくはありません。

なによりも問題なのは、聞き取れないことで同じ箇所を何回も聴き続けることです。何回も聴き直すにつれて時間は経過し、わからないことがストレスにもなります。

初心者にありがちなのがこのパターンの失敗ですから、わからない部分は「〇分〇秒~×分×秒」と印をつけておきましょう。時間をおいて聴き返すと解決することもありますから、わからない部分は飛ばすことも大事です。

ケバ取りや整文が上手くいかない

テープ起こしをしていると、頻繁に入ってくるのが「ケバ取り」と「整文」です。ケバ取りは素起こしから余計な語句を取り除き、録音内容を文章として読みやすい形にしなければなりません。

整文はケバ取りよりもさらに読みやすい形式に手直しし、内容も意味が通るようにまとめる必要があります。初心者のうちは不要な語句の区別、内容のまとめ方も手探り状態です。

そのためケバ取りや整文が上手くいかないのは、最初のうちはよくある失敗例と言えるでしょう。こうした失敗をしないためには、まず短い音声のケバ取りや整文をこなしてみましょう。

最も大事なのは回数をこなすことですから、時間が短く簡単そうな依頼からコツを掴む努力をしてください。

表記にゆらぎが生じる

小説やエッセイ、教本などは出版の前に表記にゆらぎがないかチェックし、問題ないことが確認できてから発行しています。文字起こしにも同様の作業を行っており、文字の内容にゆらぎが出来ていないかチェックが必要です。

表記のゆらぎとは、同じ言葉の表記を統一せず、ひらがな・カタカナ・漢字で文字にすることです。具体的には「同じ言葉」と「おなじコトバ」のように、意味内容が同じものにも関わらず、表記が変わることを言います。

プロが仕事をした場合、表記のゆらぎはありません。企業から案件として受けている場合は、企業によって用語の表記も統一するよう指示があるはずです。

勝手に判断して記入することはやってはいけないことですから、必ず表記のマニュアルは確認してください。

SACSCRIBEはテープ起こし初心者にもおすすめ

テープ起こしでミスなくスムーズに作業するなら、クラウド型文字起こしツールの「SACSCRIBE」の利用もおすすめです。SACSCRIBEならデータのファイルがあれば、手軽にテープ起こしができます。

手順も簡単で、音声ファイルをアップロードし、文字起こしを依頼するだけです。費用は他の文字起こしツールに比べても安価ですから、毎月多くのテープ起こしを進めるなら利用をおすすめします。

文字に起こされた内容は、そのまま素起こしのデータとして利用しても、音声を聴きながらケバ取りをしてもよいでしょう。使い方は人それぞれですから、自分に合った使用方法をできる点もSACSCRIBEのメリットと言えます。

まとめ:初心者のうちは短時間の文字起こしで経験を積もう

テープ起こしは、普段からパソコンのキーボード入力を得意としている人でも、慣れるまでは非常に時間の掛かる作業です。慣れるまではテープ起こしにどれだけの時間が必要になるか把握できず、1時間の音声に2日掛かってしまうこともあります。

そのため、最初のうちは時間の短い10分~20分程度の音声で、テープ起こしの作業に慣れましょう。慣れてきたら徐々に時間の長い音声、専門性の高い内容にもチャレンジしてみてください。

何事も挑戦と経験ですから、色々なテープ起こしを経験してみましょう。

SACSCRIBEで面倒な文字起こしを時短しませんか?

クラウド文字起こしプラットフォームSACSCRIBEは初回1時間無料でお試しできるAIの文字起こしサービスです。

無料で1時間文字起こしを体験する